釣りのことを備忘録のように書いておく

きっかけ

数年前から釣りをやっている。もちろん私のことだから、最初に釣りを行うきっかけとなったのは大手釣具メーカーの友人に誘われたからだ。何事もプロフェッショナルと一緒に遊ぶのが一番いい。伊豆大島で遊ぶときにも困らない。ともかくそういうわけで釣りを始めた。そうは言っても気分転換という所がメインで、ガッツリ船に乗るわけでもない。いうわけでもっぱら堤防や磯場での投釣り、それもルアーを投げて釣る遊び方をしている。

釣りの魅力

ともかく釣りというのは安く遊ぶことも出来る。だいたい大きい釣具店に行けば数千円のセットが買えるし、百均でルアーも売っている時代だ。私は遊ばないが、高いとされる鮎釣りのロッドなんかも、40万円くらいで一番いいのが買える。 つまるところ、趣味としてそこまで高額にならないのもいい。道具というか、工夫というか、そういうところが大事であって、この場所ならどこに魚がいて、どういうことをやれば釣れるか…と考えるのが楽しいわけだ。そもそも私ほどになるとなんやかんやの付き合いが多くてゆっくりと時間を過ごすことがあまり出来ないのだが、釣りというのは時間をゆっくり、贅沢に使えてとてもいい。

釣りってなんて自由な遊びなんだろうね

確か村越正海さんがそんな事を言っていた気がする。(日本のレジェンド的な釣り人)

遊び方

私はショアジギングと呼ばれる、「陸地から(ショア)」海に向かってジグを投げて遊ぶ(ジギング)をメインにやっている。船でやるやつは陸から離れるからオフショアといいます。ルアーを(主にメタルジグという金属製の疑似餌)を投げて、そうすると魚がかかって、釣り上げる。これが楽しいんですよ。でも私の原点はジグヘッド(魚の顔を模した重りと針がついている)にワーム(多分魚からすると美味しそうに見える疑似餌)をつけて根魚と遊ぶスタイル。これが伊豆大島スタンダード。夜の海に、真下にぽんと落とすとすぐにかかる。伊豆大島に行きたくなってきた。。。

実際にやるのに必要なもの(参考に自分が使っているものも並べておく)

いかがでしたか? 思いの外道具が多くてこまっちゃうね。 そういうあなたにおすすめなのがDV-1 こいつは18000円の割に非常にスペックが高い用に思える、オールラウンダーかつオールインワンなタックルです。おまけに2000番手のリールまでついている。 あとはちょっとしたツールと糸とか諸々を買えばスタートできるし、実際私が初めて自分の意志で(といいつつおすすめされて…ですが)買ったロッドがこれです。今でもさっと取り出して遊べるのでとても便利。 忘れてはいけませんが、自然という所はすぐに人が死ぬ場所です。安全のため、ライフジャケット等救命具はつけて遊びましょう。

そういうわけで、あなたも釣りをするといいかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。